福岡市中央区大名のバレエ教室

  • Takahashi Satoko Ballet Studio
  • COURSE/コースのご紹介
  • LESSON/見学・体験スクール
  • ACCESS/アクセス
  • PROFILE/プロフィール
  • CONTACT/お問い合わせ

TOP 講師紹介

講師紹介

5歳より母・藤野千景の下でバレエを始める。
マーサ・グラハム・コンテンポラリーを力久映子に師事。
バレエ・ネオクラシック・コンテンポラリーを中村しんじに師事。

1998年
(英)Elmhurst Ballet School留学
《現在バーミンガムロイヤルバレエ団提携校》
以降、Elmhurst Ballet School Production 出演
2000年
ungarian Dance Academy 50 Anniversary「Aguns」に出演
2001年
(英)Elmhurst Ballet School卒業
日本バレエ協会公演・第40回バレエフェスティバル・深沢和子振付「異邦人」に出演
2002年
東京シティバレエ団入団 以降、バレエ団公演出演
2003年
橘秋子賞「特別賞」受賞記念・深沢和子創作バレエの夕べにて
「スペイン交響曲」・「袈裟と盛遠」ソリスト出演
2007年
東京シティバレエ団退団
ダンスガラ・ひろしま2007出演
2008年
福岡フリンジフェスティバルVol.1に出演
2010年
Dance Windows 公演出演 以降毎年出演
2012年
博多座 Christmas カンパニー公演出演
2013年
公益財団法人日本バレエ協会九州支部
第28回バレエフェスティバル出演
2014年
公益財団法人日本バレエ協会九州支部
フラワーフェスティバル
第29回バレエフェスティバル出演
Dance Crew NEXT 出演

中村しんじ(振付)…「ありす」「私にキスして」「デッサン」「星になったあなた」「奏でる」
松本直樹(振付)…「Fields of Gold」「やさしい時間」「Magnificat」
藤野千景(振付)…「心もよう」「哀~愛しき人よ」
近藤良平(振付)…「牧歌的欲望」
Jou(振付)…「MUGEN」

1978年
黒田節子バレエスタジオにてバレエを始める
1985年
岡本バレエスタジオにて岡本泰弘に師事
1985年
岡本バレエ第1回海外公演シンガポールに出演
1987年
岡本バレエ第2回海外公演中国に出演
1991年
ベオグラード国立バレエ学校Lujo Davico (セルビア)編入 1994年卒業
1992年
ユーゴスラビア国内コンクール3位
1993年
ユーゴスラビア国内コンクール2位
ベオグラード国立バレエ団にて白鳥の湖、ジゼル、ドン・キホーテ、コッペリア、椿姫などの舞台に出演。 同バレエ団元プリンシパルダンサー Aleksander Izrailovski 率いるポストモダンカンパニーのソリストとしても作品に出演。
1995年
ロッテルダム・ダンスアカデミーCodarts(オランダ)Gest Studentとして在学。
同アカデミーの公演、Ca Dance Festival、Holland Festival に出演。 Anuk van Dijk、 Conny Janssen 、Itzik Galili 、Keth-Derrick Rondolph 、Micheal Jahoda等の振付家の作品に出演。
1998年
帰国
2001年
岡本バレエスタジオにてバレエ指導を始め、同スタジオの公演ではバレエミストレスとしても働く。
2011年
Takahashi Satoko Ballet Studioにてバレエ指導
2012年
Dawnna Wayburneによりトレーニングを受け
GYROTONIC® Apprenticeになる
2013年
GYROTONIC® Certified
GYROTONIC® Trainer Level 1 取得
2014年
Lisa Marie Goodwin-Rice のGYROTONIC® Theraputic Application for Hip&Knee を受講。
2014年
山崎悦子氏によりトレーニングを受けGYROKINESIS®Apprenticeになる。

このホームページは、米国 ジャイロトニック本部 (http://www.gyrotonic.com/) の許可を得て運営しています。
GYROTONIC EXPANSION SYSTEM, GYROTONIC, GYROKINESIS and The Art of Exercising and Beyond are registered trademarks of GYROTONIC Sales Inc.and are used with their permission.

1958年 福岡県小倉に生まれる。

小倉西高校から関西大学に進み、その間シェークスピア劇、
アングラ演劇作演出を手がける。

1977年よりダンスを始める。 その後ロス、ニューヨークにてダンス研修。その後もリンサイモンスン、ジョンジョーンズ、ジムクラークほかのジャズダンス、モダンダンス、コンテンポラリーダンスの指導者に学ぶ。

1984年から自らの作品を発表。 ダンサーとしても石井みどり、厚木凡人、マークハイム(元リスボン国立舞踊団芸術監督)諸氏の作品などを踊り好評を得る。

2010年には、元フランクフルトバレエ団 マイケル・シューマッハらとの共同作品を大阪で踊る。

2009年から2011年にかけて、泉鏡花、安部公房の文学作品に想を得た、元HRカオスの関典子と自身によるデュエット作品「鞄女」「春昼」を発表。

さらに、山口章、ヤザキタケシ、 岡田兼宜、ザビエル守之助ら関西在住の舞踊家の協力を得た「黄昏れる砂の城」も発表している。

またこの秋には京都芸術センターの助成を受け、2012年関西を代表する男性ダンサー9名の為に振り付けた『9cells』の同センターでの京都公演が、決定している。

ここ数年は国内のバレエ団に演劇的要素を組み入れた「それからのアリス」(2003ドラマシティ、2008福岡市民会館)等のコンテンポラリー作品を提供。
バレエダンサーの国内外のコンクールのためのコンテンポラリー作品の提供や指導も手掛け、多くの受賞者をサポートしている。
最近では、ソウダバレエスクールの二名を2011年YAGP日本予選コンテンポラリージュニア部門1位、NBAコンクールコンテンポラリー部門1位に導いている。

1996年 大阪府豊中市にダンススタジオ「斉藤DANCE工房」を設立。 2005.2006年 ザバレコン福岡予選審査員。

また上念省三氏を中心としたコンテンポラリーダンスの定期公演「ダンスの時間」の立ち上げに参加。 関西を中心に全国で頑張るコンテンポラリーダンサーとの連携、サポートに努めている。

このページのトップへ