福岡市中央区大名のバレエ教室

  • Takahashi Satoko Ballet Studio
  • COURSE/コースのご紹介
  • LESSON/見学・体験スクール
  • ACCESS/アクセス
  • PROFILE/プロフィール
  • CONTACT/お問い合わせ

TOP バレエに関してよくあるご質問 バレエ教室を変えたいのですが、どのような辞め方が良いでしょうか?

バレエに関してよくあるご質問

バレエ教室を変えたいのですが、どのような辞め方が良いでしょうか?

入会してみたけれど、 自分に合っていないと感じてしまう事は
残念ながらあることだと思います。

バレエ教室を変える事自体は、
決して悪い事ではありません。

ただ問題は辞め方にあったりします。

バレエの先生達は、どこかでつながりがあるんですね。
もしバレエを続けるとすれば、必ず何処かで会う機会があります。

その時に、隠れなければならないような辞め方はいけません。


ご質問は、どのような辞め方が良いかということですが、
例えば、「Aスタジオ」に通っていたけど、辞めて「B教室」に通いたい場合。

どんなに「Aスタジオ」に不満があっても、
今までお世話になった事を感謝し、きちんとご挨拶して辞める事です。

その際大切なのは、保護者様ではなく、
習っていた本人がきちんとご挨拶することです。
出来れば、辞める理由も伝えると良いでしょう。

その際、「不満があるので」とは言いづらいと思いますが、
「ここが自分と合わないので、B教室に行こうと思っています」
と伝えても良いと思います。

その方が、「Aスタジオ」の先生も
「そこで頑張ってね!」と言いやすいでしょう。

一番良くないのは
「勉強が忙しいので、バレエを続けられません」と
嘘をついて「B教室」でバレエを続ける事です。

冷静に考えればわかると思うのですが、
なぜかこのパターンは多いのです。

バレエを辞めると言いつつ続けている訳ですから
当然出会った時は、気まずいでしょうね。

もし、「B教室」に通う事が決まっているのであれば
それを伝えても良いでしょう。

きっと「Aスタジオ」の先生は、「B教室」の先生に
「○○ちゃんを、よろしくお願いしますね!」と
伝えてくれるでしょう。

きちんと礼節を尽くせば、
Aスタジオの先生も、応援してくれると思いますよ。


色々な先生がいらっしゃるのでパターンも色々あると思いますが、
やはり、そのあたりの礼節も含めてきちんと出来ないと
バレエも上手にならないと思います。

もしかしたら、その時は先生に理解されない場合も
あるかもしれませんが、
同じバレエを志す者として、きっと分かり合える時は来ますよ。

このページのトップへ